2020年05月23日

<スタックストーM追加購入>えほん柄。絵本レビュー。

以前、<スタックストーM購入>収納に悩む3姉妹の母。という記事を書いたのだけど
筆者が片づけたいものが増えたので子供用を増やした。
今回増やしたのは全部えほんの柄を使っているスタックストーです。
絵本ごとご紹介。


1.あおくんときいろちゃん レオ=レオニ
「あお」と「きいろ」の「まる」が泣いて笑って喜ぶ話。
顔も、体も、手足がなくてもあおくんときいろちゃんはたしかに感情を持って動き回っている。
4歳頃、こどもは命のない石にも人形にも、人間と同じように心があると思うそうです。
そんな想像力をはぐくむ絵本です。






筆者がレオ=レオニの著作で一番好きなのは「じぶんだけの いろ」です。
カメレオンがいつも違うじぶんの色がいやで、じぶんだけの いろを探すはなしです。


こちらは小学生の時に絶対に習う絵本です。
筆者も好きでした。「スイミー」だれもがじぶんがえいゆうになりたい。


2.はらぺこあおむし エリック=カール
言わずと知れたこどもがとっても大好きな絵本。
あおむしが、生まれて、いっぱい食べて、大きくなって、蝶になる話。
なんべんでも絵本を読むのをせがまれます。
筆者が持っているのはボードブックです。長女が生まれたころからこの本は良くかじられました。
もう少ししたら3女がかじりはじめるのでしょう。







パパ、お月様とって!ってねだられたらどうすればいいかな?
筆者のところはけっこう逆転夫婦なので筆者がねだられるのかな?
どうやってこたえようかな?じゃあとりにいってくるよ?むりだよ?むりだよってあんまりいいたくないなあ。


3.しましまぐるぐる かしわらあきお
あかちゃんは「かお」やしましまやぐるぐるの認識が結構早いそう。
1カ月くらいから赤、白、黒などにも反応します。
ちょっと実験みたいで楽しかったなあ。
筆者は「しましまぐるぐる」以外にも「けろけろみどり」や「あかあかくろくろ」持ってます。








どれも個性的。
3女が生まれてから購入したのは「もいもい」

posted by そらめそらみみ at 02:41| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください